ASUS X205TAにWindows10をインストールしてみた

事前に無償アップデート時にWindows 10へアップグレードしてありましたが
今回はWindows 10 Creators Update(バージョン1703、ビルド15063)を
クリーンインストールしてみようと思います

まず幾つか注意事項があります

Windows 10のインストールには専用DVD/USBメモリを作成する必要があります
ドライバが当たるまでタッチパッドとキーボードが使えませんので
外付けのマウスとキーボードが必要です(※マウスだけでも可能)

また、同様にWiFiドライバが当たるまでネットに繋がりませんので
他のPCでドライバ類を用意し、USBメモリでX205TAにコピーしておく必要があります

実質的にインストール用USBメモリとドライバ用USBメモリ
2つ用意するとインストールがスムーズに進みます

ASUS EeeBook X205TA Driver & Tools | ノートパソコン | ASUS 日本
スリムで軽い本体は、薄さ17.5mm、軽さは1kgを切るわずか約980gです。フチに丸みを持たせたデザインは薄さを強調すると共にエレガントな雰囲気を演出しています。コンパクトなサイズは、タブレットのような気軽さを感じさせ、家や職場や外出先でさまざまな用途に利用できます。

上記のサイトにアクセスし「Window 10 32bit」から

  • Chipset → Intel INF Update Driver
  • ATK → ATKPackage
  • オーディオ → Realtek Audio Driver
  • タッチパッド → ASUS Smart Gesture (For Windows 10 Upgrade)
  • 無線 → Broadcom Wireless Lan Driver and Application
  • BlueTooth → Broadcom BlueTooth driver
  • 他 → Intel(R) Trusted Execution Engine Interface

をダウンロードしドライバ用USBメモリにセーブしておきましょう

メディア作成ツールをダウンロードする

Windows 10インストール用メディアを作成するのでMicrosoftのサイトにアクセスし
ISOファイル/USBメモリの制作ツールをダウンロードします
(※16GB程度のUSBメモリをご用意ください)

Windows 10 のダウンロード

「ツールを今すぐダウンロード」を押してMediaCreationToolをダウンロードします

MediaCreationToolを実行

今回はUSBメモリでのインストールですので
USBフラッシュドライブを選択

32/64ビット版両対応版USBメモリの作成も可能です
(ASUS X205TAはUEFIの都合で32ビット版しかインストールできません)

ひとますOKで先へ…

USBメモリメモリ作成は上
DVDメディアの場合は下を選択して下さい

USBブートが必要なのでX205TAのBIOSを設定

まずはX205TAのBIOS設定でUSB起動を出来るよう設定します
電源投入後ファンクションキー F2連打でBIOS設定画面を出します

[Security] タブ [Secure Boot Control] を選択後
[Disabled] を選択し無効に設定

[BOOT] タブ [Launch CSM] を選択後
[Enabled] を選択し有効に設定

[Save & Exit]タブ [Boot Override] 以下で
Windows 10インストール用USBデバイスを選択します

X205TAへWindows10をインストールする

USBメモリから起動しWindows 10インストーラーが起動すると
以下のような画面が出てきます

今回はWindows10のみをクリーンインストールするので「カスタム」を選択して下さい

今回はWindows 10のみの起動ですので
ざっくりとパーティションを全て削除してパーティションを再設定してみましょう

それでは「新規(E)」でパーティションを設定し直してインストールします
一番大きいサイズのパーティション 4にWindows 10をインストールして下さい

途中使用者とパスワードの設定が行われますが
外付けキーボードを接続せずにマウスだけでインストールした方は
スクリーンキーボードを使用して入力を行って下さい

スクリーンキーボードを使用するにはこのマークをクリックします

インストール後の初回ログイン

まだドライバーを当てる前なのでX205TAのタッチパネルとキーボードは使用できません
外付けキーボードを使用していない方は先程の説明のように
スクリーンキーボードを使ってのログインになります

必要なドライバをインストールする

このままではX205TAは機能不全なので
まずは先程作成したドライバ用USBメモリからIntel INF Update Driverを
展開してインストールして下さい
これでX205TAのタッチパッドとキーボードが有効になる筈です
その後は全てのドライバを当てて終了です

再起動しデバイスマネージャーから全てのデバイスが正常に動作しているか確認し終了です

まれにデバイスが正常に動作していないような場合がありますが
その場合にはネットに接続できている状態で

右クリック → ドライバーの更新(P) → ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索(S)で
探し出すと動作するようです

以上でASUS X205TAへのWindows 10クリーンインストールは終了です

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク